2分で読めるShelleyサミット動画要約-分散型IDを実現するAtalaPRISMとは?

■定義:アイデンティティとは、我々が行うすべての中心-金融、移動、政府、家のセキュリティ、ネットショップ、オフィスビルの入室…

■問題点と解決策:

結論:アイデンティティを中央主体が管理していると、個人、管理者共に大きなリスクを負い、年々そのリスクは重くなっている。→アイデンティティの管理を個人や多くの機関に分散させる。

個人:漏洩リスク、不法売却、他で相互運用できない細分化、消費者の持つ40以上の管理しきれないアイデンティティ→自分で管理することでリスク経験できる。

法人:集中化された個人データがハッキング対象に、増え続けるデータ規制にも対応してく必要がある。顧客は情報入力にますます慎重になっており、情報を提供しなくなってきている。ユーザー体験を犠牲にして規制に対応しなければならないときもある。新規顧客獲得の妨げになる。→企業や開発者が、管理リストを抑え企業のサーバーに顧客データがあることを想定せず、直接顧客がデータを扱える前提(顧客中心の考え)で設計できる。

■Atala PRISMの先の未来

個人が自分のデータは自分で管理でき、企業と直接安全に対話できる。

デジタルIDと証明書(W3C標準のもの)を保存でき、諸機関が証明書を発行管理できます。

証明書はブロックチェーンに含まれ、その上に個人と個人がP2Pでデータ共有ができます。

開発ツールも用意される。

金融(KYCなど)、教育(学術証明書)、政府(ペーパーレス化、ラインセンス)、公共と民間で利用可能なID、旅行(パスポート、コロナの陰性照明)、企業の証明書、ポータブルな医療記録、医師のラインセンス照明、コンサート券

■Atala PRISMと他との違い

①堅牢なCardanoチェーンが基盤:30年以上続くプラットフォームを使いたいと誰もが思うでしょう。

②革新的なレイヤー2:わずかなコストが大人数へ拡張できる

③柔軟性:スマホ、カード、ペーパーウォレット、いかなるチェーンにも相互運用可能。Cardanoで実装するがBitcoinも参照実装する。Cardanoチェーン上でこれを実現する4つのアプローチを行なっていく。

■Atala PRISMのCardanoチェーンに対する意義

大規模な採用ー世界中の人々に分散IDを付与でき、これがブロックチェーン上に直接付与される点で他のブロックチェーンとも差別化されており、Cardano上でDIFIを構築する基礎となる。1兆ドル規模の規制対象資産を扱える。

■Atala PRISMはまずはジョージア州政府と提携し進める。他にも多くのことが並行して進行しており、後ほど発表します。

===
以下にて世界一安全かつカップラーメンを作るより簡単なステーキング方法、ぜひ参加しておくべきコミュニティ、Cardao5つの強みマインドマップ、ADAの4つの守り方について公開🎉

coinzzz-pre.001

2 Likes