チャールズAMA-すべては正しい進捗へ/今月末には多くのGoguenの発表/Daedalusで進捗/Voltaireもなるべく早くに日付もでる/”AI”とブロックチェーン/ブロックチェーンにおける真のマーケティング🎉

チャールズAMA-すべては正しい進捗へ、今月末には多くのGoguenの発表、Daedalusで進捗、Voltaireもなるべく早くに日付もでる、”AI”とブロックチェーン、ブロックチェーンにおける真のマーケティング:tada::tada::tada:

政治ではコロナを利用し数学を無視したプロパガンダが盛んのようですが、

Cardanoの話をしましょう

すべては正しい方向へ進んでいます。

進捗は非常に良いです。

我々は月末プロダクトアップデートにむけてGoguenについて話さねばならないこともたくさんあります。

ぜひ参加してください。

我々が加速する方法のすべては、市場へより早く届けることです。

Daedalusでは大きな進捗を並行して進めていますが、それをすべて話すことは契約上できません。これはそのときになったら話されるでそう。

Voltaireにおいては7つ前後のバレット提案の進行をかんがえていますが、これは月内のどこかになります、これはなるべく早くにその日付をアナウンスしたいと考えています。

10月の投票にむけてDCファンドも動き出しています。

財団コミュニティロードマップもリック氏が進めます。これの各々に財団は細かく答えていく必要があります。難しい場合は法律の問題か優先順位の問題か予算の問題かなども話されます。

マーケティングでは、リザが様々な戦略で取り組もうとしています。

プログラミング言語では、どのようにして並行性をもって、Goguenを市場により早く出せるかロードマップを考えています。

今月末と来月にかけてGoguenやDappsに関するドキュメントも多く出てきます。

ETCのサイドではチェックポイントの提案を行っています。財務システムの提案も行います。

保留であったIELE復活のための交渉もRV社と進めています。交渉次第であり大金が動くのでこれはまた後ほど発表します。

125,000ドルをハスケル財団に寄付します。ハスケルのコア開発者とどのようにこれを進めるかを相談しすすめています。

Haskellそのものが優位性をもち生き残り、他の言語より卓越することにつながります。

これはCardanoにも大きな利益を与えます。なぜならばCardanoの多くHaskellで構成されているからです。

適切でセキュアなプールへ委任することはシステムをより強化します、これは価格でみると好意的な影響です。

人々が「マーケティング」というとき、そこには2つの意味があります。

1)プロダクトマーケティング・キャンペーンマーケティング・比較マーケティング

長期的に本当のプロダクトの採用とユースケースを促進するもの。

我々はADAを買えというマーケティングはしません、ADAを使おう、そして問題を解決しよう、という提案をします。Cardanoはネットワーク、レジャールール、あらゆる面でたの競合より卓越していますが、それは高度な技術情報であり、うまく伝わっていません。これをリザを協力しアグレッシヴに他との違いを強調します。

2)短期マーケティング

Tronやステラのスタイルの炎上マーケティング、焼却によるマーケティングです。みればわかりますが彼らのやり方は短期的に好感を呼ぶように見えて、結局失敗しました。これらの短期的なやりかたにはまったく意味がありません。

ここまでいってギブアウェイスキャムにひっかかる人々には何もできません。5分立ち止まって常識で考えて調べればスキャムだとわかります。

犯罪性のある写真のハッシュなどがCardanoにチェーンに含まれる対策はどうなりますか?これはまずよくあることではありませんがかならずシステムの長い歴史のなかで起こります。一部の人にとって不快であっても、他の人にとっては不快でない可能もあります。また、これらはハッシュでありコンテンツそのものではありません。ビットコインでも太古からいわれるテーマです。犯罪の歴史はかえられませんが、あなたが共犯者になる必要はないのでそれらのハッシュを追わないことです。一方でブロックチェーンの分散型置き換えも考えられます。経済型置き換え、最適化置き換え、不適合置き換えの3つが考えられますが、事実ではない情報や古い情報をブロックチェーンから分散型で取り除くことも2021年以降考えていきます。

私は財団の決定に関与できません、これが分散型の意味です。

セキュリティビデオについても出るでしょう。

りさについての詳細はCardanoエフェクトをご覧ください。

ケディナはCardanoと独立したプロジェクトですが、彼らのプロジェクトはHaskell面でも問題ない合理的プロジェクトだと思います。

イーサリアムやポルカドットに勝てますか?もちろんです、彼らは小さな水槽と大きな魚を選びました。私は海で泳ぎたいので、ジョージアやエチオピアで採用に取り組みます、これは時間がかかりますが、完了したらユーザーは100倍になります。イーサリアムを使おうという人よりやめようという人のほうがおおいので心配していません。

なぜビットコインでなくライトコインですか?①ビットコインは非常に遅いです、すでに彼ら自身は5つのビットコインに競争力をもたせるアイデアを持っていますが、それを採用するのにすら数年かけるようです。ガバナンス導入となると何十年後になるかわからずこれは非常にフラストレーションであり、イーサリアムが誕生した、Cardanoが誕生した理由です②ビットコインはナカモトサトシコンセンサスの教団です。何をするにしてもこれから外れていないか?と考えています。なんのための分散化なのかわかっていません。ナカモトサトシが完全に正しくPOWが完全であることを証明するために私はいるのではなく、経済的アイデンティティのない人々にインフラを提供しなければならないという問題解決のために動いています。私体はプロトコルの変更は気にしません、重要なのは問題解決です。

プルーフオブスペースは多くの研究が出てきます。

AIに関しては2つの重要書籍があります。

・AIのバイブル(AIに関するほぼすべてがわかる):AIの現代型アプローチ第4版ピーターノーヴィグ:この本を読んだあとでなら、AIに関するコンピュータサイエンティストとまともに会話できます。

・AIの哲学(AIに関する):人間互換性スチュアートラッセ:上記のAIのすべての解説するバイブルを読んだ上で、読むべき

AIとひとことにいっても、2つの側面で考える必要があります。

①超人機能型AI

人間よりもよくみてよくきき、よくチェスをする人工知能を作るのは難しくありません。これは1980年ー2000年の課題です。ここには愛や哲学などはありません。私が暗闇の中で人をみつけて爆弾を落とす超人的プログラムを作ることは簡単です。ここに価値判断はありません。

人間絶滅レベルの最初のテクノロジー危機は、核兵器でした。核兵器は人類を絶滅させることが可能です。

次の人類絶滅レベルの危機はAIです。これもうまく使えば人間を絶滅可能です。

②一般知能型AI

このような価値判断なども含めて行うことが可能なものが一般知能型AIです。これは極めて難しい技術でありその学者になったとしても有益な論文を書ける可能性が低いため学者も少ないです。

これが良い形で実現すると、AIは人類の良きメンターになるでしょう。

ブロックチェーンは抽象的には人々の判断の集まりの憲法であり、AIはその判断の予測や判断そのものを補助する可能性は秘めています。

イーサリアムはイーサリアムの仕事をしており、びたリックの物語であり気にしません。私たちは私たちの仕事をしています。

”批判”や”冷笑”は簡単です。毎日起きてビジョンや使命を成し遂げるために戦うだけです。

しかしながらイーサリアムに勝つことが目的ではありません。私の成功の定義は、昔から言っています、経済的アイデンティティのない人々のインフラになるかどうかです。これを達成すればプロジェクトは成功であり、これを達成しないのであれば時価総額がどうであれプロジェクトは失敗です。その時点で誰が何を批判していようが気にしません。

ロシアがステーキングを禁止したら、ロシアの規制のかからない国で会社をつくってステーキングをするだけです。

Cardanoは相互運用性を考えていますので、ETCとの連携ももちろん需要です。ライトコインがスマートコントラクト、オンチェーンガバナンスを行いたいと思ったら?10年以上かかります。Cardano使えば簡単にでき、これはADAにもトランザクションがふえ、利益をもたらします。

デリゲーションポートフォリオも進めます。
DCファンドはあなたが(分散型で)資金提供先を決めます、Cファンドは私が資金提供先をきめます。

IOHKではなくIOGのウェブサイトはどこですか?来年非常に美しいものがでてきます。

明日ごろにまたビットレックスの状況がわかります。

委任先ポートフォリオも生まれます。

プトロコルパラメータはボルテールで分散型で決まるようになります。

CardanoのステーブルコインはADAのロックされますか?ぶるーのが働いていますが、はい、そうです、これはいまは多くは語れませんが素晴らしい戦略があります、高い優先度を持ちます。

ーーーーーーー

:heavy_check_mark:︎トレード/貸付/マイニング/ステーキング…あらゆるコインの増やし方のなかで最良の増やし方が”CardanoADAステーキング(+ガバナンス)”である理由

:heavy_check_mark:︎CardanoADAステーキング方法や仕組みのすべて

:heavy_check_mark:︎ADAを守る4つの方法

:heavy_check_mark:︎数千種類のコインのなかで、CardanoADAが最良と考える5つの理由-安全/分散/連携/速度/永続

:heavy_check_mark:︎Cardanoの最新情報入手共有をするため、参加必須のコミュニティ

:heavy_check_mark:︎Cardanoに関する歴史/ロードマップ/仕組みなどより深い情報

coinzzz.jp