Charlesから日本のコミュニティへのスペシャルメッセージ

こんにちは!チャールズ・ホスキンソンです。

私の家、暖かくお天気のコロラドからライブ中継しています。

これは、私たち全員とサミットを楽しむ日本の皆さんへのスペシャルメッセージです。

5年前、日本は世界を変える方法を一緒に見つけだすという新しいアイデアを非常に暖かく歓迎してくれました。その当時、私たちは50を超える国々、アフリカ、南アメリカ、東南アジアなど世界中を飛び回っていましたが、いま、業界史上もっとも洗練されたソフトウェアを配信しています。そしてより重要なことに、私たちは業界がいかに作用するか、その根本から変革するための原理を構築しています。このすべては、日本の皆さんの協力なしにはなしえませんでした。

私は自分の農場で作業するときなど浴衣を着ています。私は日本が大好きです。私はハワイで育ちました。子供のころは柔道をしていました。日本文化は私にとって常に特別で、大阪や京都、北海道でたくさんの皆さんと出会い、知り合えたことは私の最高の思い出に数えられます。

Cardanoサミット:Shelley発表は本当に日本で開催したかったのですが、残念ながらコロナウイルスのために困難となりました。ただ、物理的に離れているからといって、これまでよりも親密度が減るわけではありません。実際には正反対で、今以上に近く感じられたことはないでしょう。私はすぐに日本に帰ってきます。そして、できる限りコミュニティの皆さん一人一人に会って、握手してハグして、皆さんがくれたサポート、愛情と気遣いに感謝したい。

今は、一緒にShelley完成、そしてロードマップに残された残りがまもなく完成するのをを楽しみましょう。これで、金融インフラやアイデンティティを持たない何億という人々にこれをもたらし、世界を変えるという事業に乗り出せます。

これまでの皆さんのすべての支援、忍耐、そして信頼に心の底から感謝します。

すべてを可能にしてくれてありがとう。次に会う時までさようなら。