チャールズ動画:Metatransactions - 概要翻訳記事 🎉

・「メタトランザクション」の概念により、実社会の複雑なニーズに対応したさまざまな5つのトランザクション属性を実現できるように

・4月ー5月にさらなるビデオを作成していきます!

cardano ada

https://www.youtube.com/watch?v=5MMAeEwSLQg

:white_check_mark: メタトランザクションについて話します。

トランザクションの基本属性

1.資産や状態変化: 資産の移動やアプリケーション内での状態の変化など、何かを変えること。

2.エンティティ間のやりとり: これには一対一、一対多、多対一、多対多の交換パターン。

3.メタデータ: 日付時間、場所、方法などの情報。

4.契約や商取引の理解: 背景や目的に関する情報です。

5.規制: 種類や発生場所に依存する法的・規制的要因。

6.意図と価格設定:トランザクション手数料の価格設定や支払いトークン

:white_check_mark: 4-5月はスケーラビリティについて話し合う時です。オンチェーンスケーリング、インプットエンドーサー、Leios,ゼロ知識証明、ロールアップ、Midnight、Hydra、段階的価格設定、バベル手数料、決済コストの予測と入札、特定の手数料と時間内のみトランザクション実行可能にするシステムなどもあります。

:white_check_mark: 上記の5つの属性が利用されなければ実社会に使えません。ブローカーやカストディアン、セイキュリティートークンは複雑で、トランザクションパターンや低い手数料が必要です。NFTロイヤリティなど複雑な開示体制が考えられます。ある知識で合法でも他の地域で違法である可能性があります。この複雑さに対応するためにチェーンがメタトランザクションを理解し実行でき、Midnigthでプライバシーを守ることも可能になる設計が必要です。

:white_check_mark:このビデオではつまり、このような複雑な実社会に要請されるトランザクションが可能なための多くの美しい部品が研究・開発されていることをお伝えしたかったのです。4月ー5月にはまた詳しくお伝えします。

1 Like