チャールズ動画:エイダさん205歳の誕生日🎉次週にはいくつかの開発環境が登場🔥

チャールズ動画:エイダさん205歳の誕生日🎉次週にはいくつかの開発環境が登場🔥

こんにちはチャールズホスキンソンです、暖かい晴れ渡ったコロラドからお届けします!

今日は2020年12月10日、特別な日です、なぜなら、エイラダブレスの205歳の誕生日だからです!

我々にとっても重要な日です。女性プログラマでバベッジと一緒に科学者として進みました。

Cardanoプロトコルにつけている名前は非常に注意してつけられています。

2021年はCardanoは信じたいところまで到達するでしょう。POSはスキャムだと言われ続けた5年間で、多くの問題がありましたが、多くの科学者が働き、セキュリティモデルを確立しました。

その他にも多くのPOSのプロダクトも出てきています。違うセキュリティやさまざまな前提をおいています。つまりPOSが認められつつある位置へきています。

科学の意味で、引用数などの数値面で我々はもっとも貢献しています。

最も大きな到達点は、Ouroboros研究でした。

経済面、セキュリティ面、多くの面で学びました。

RINAコミュニティから着想をへて大きなネットワーク面の進歩も得ました。

スマートコントラクトも進めましたがこれは明確なアンサーがないものなので、非常に難しい分野でした。

スマートコントラクトとは何か?オンチェーンオフチェーンとはどのようにしますか?セキュリティはどうですか?

フィリップワドラー氏のように、関数型プログラミング言語で最も強いドメインになろうとしています。

DSLについていも多くの研究を行いました。レゴのようにMarloweコントラクトを組み立てることも可能です。

次週にはいくつかの開発環境が登場するでしょう。アプリを作り始めることが可能にあります。Dapps、提携、パートナー、DCファンド、などもやってきます。潜在的な100以上のパイプラインでチームが進めています。

アフリカにかんして、本日具体的なディールを発表したかったのですが、もう少し発表できるまでに時間はかかりそうです。アフリカのエチオピアを拠点に実際に進めており、2021年の戦略も発表するでしょう。アフリカだけでなぜフォーチュン500の企業などに焦点を当てないのかと思うかもしれませんが当てています。我々はアメリカのワイオミングに拠点をおいています。一方でアフリカは今後急成長を遂げると考えられており注目も集まりつつあります。DIFIを実際使うのは誰かを考えた時、アフリカは1つあるでしょう。

コードや論文や素晴らしいガバナンスシステムもあります。

Catalystはβテストの段階ですでに数千人の参加があり、さらに数十万へすでに拡張可能であり、多くの資金が来年から利用可能になるということです。

5年前のアイデアが実現し始めています。

そして、5年間の研究を経て、気づいたことはさらに研究開発すべきことがあるということです。2025年に向けてどのような開発をすべきですか?

さらに多くの企業が研究開発に関わるようになる必要があります。マンゴリア、エチオピア、ジョージアにも開かれています。

マーケットだけでなく世界を変えるプロジェクトになるでしょう。