Daedalusの背後で動くウォレットバックエンドで遊んでみました☺️

Daedalusの背後で動くウォレットバックエンドで遊んでみました☺️(だから何?といわれると特になんでもないです…基本的に普通の委任者もオペレータもこれを直接は使いません…)

気持ちいぐらい一切止まったりせずスラスラっと動くのでとても気持ちいいです、さすがHaskell、さすがIOG、という感じです😂(という感動を伝えたかっただけの趣旨です!)

①これをビルド

②これを打つと、ノードと同期されるーダイダロスの同期しているような状態

cardano-wallet serve --node-socket $CNODE_HOME/sockets/node0.socket --mainnet --database $CNODE_HOME/priv/wallet

②これを打つと、エポックやブロックヘイトなどの情報を出力

cardano-wallet network information

③これを打つと、24単語のリカバリーフレーズを生成(これは実際に緑のダイダロスで復元可能です)

cardano-wallet recovery-phrase generate

④これを打って24単語を入力して、送金パスワードを設定したら、ダイダロスのような感じにできます

cardano-wallet wallet create from-recovery-phrase test

作ったウォレットが同期されていく様子…


デザイナーRENAさん漫画まとめ読みリンク集:fire:4話目からは、つばきちゃんがCatalystの資金調達にチャレンジするかも…?!?!:sob:ぜひいいね、リツイートお願いいたします!

1話:ウォレット作成:https://twitter.com/yuta_cryptox/status/1316272617834176512?s=20

2話:ステーキング:https://twitter.com/MYB_ArtWork/status/1319229713617829892?s=20

3話:送金と未来:https://twitter.com/MYB_ArtWork/status/1323788072660598784?s=20