04.07.2018 - チャールズ・ホスキンソンの更新ビデオ


#1

IOHKのCEOであるチャールズ・ホスキンソンの最新ビデオでは、彼が提供するカルダノプロジェクトとそのさまざまなワークストリームに関する最新情報を聴くことができます:

52%20PM

このアップデートビデオの概要を以下にてお届けします:

カルダノ1.3について

カルダノ 1.3は現在QAに入っています。 最初のQAサイクルをパスし、現在のレートを維持し、QAおよび統合テスト中に重大な問題が検出されない場合、彼らはダイダロスとカルダノの両方で8月上旬のリリースを検討しています。

このバージョンのカルダノは、ネットワークの強化、コードのリファクタリング、およびダイダロス自体の拡張機能を備えています。 基礎となるコードとメモリ使用率はかなり洗練されています。 つまり、メモリ使用量が約5倍に減少します。 内部ベンチマークは、Macクライアントで1.2 GBから200 MBになりました。

ウォレットニュースについて

IOHKは他の会社とも共同提携をしており、8月15日には誰もが驚く発表を用意しています。 このウォレットはダイダロスに相補的で、かっこよくそして興味深い機能を備えています! ロードマップも順調に進んでいます。 8月中旬の発表をどうぞお楽しみに。

IELEテストネットについて

現在、彼らは7月下旬にIELEテストネットをリリースする予定です。 これは、EVM以外のものを使用してスマートコントラクトを書くことが初めて可能になるため、大変興味深い機能になります。 SolidityとIELEコード自体を使用することができます。 RemixでのIELEのサポートが追加されました。 また、このリリースに関連して多くのカスタマイズ可能なアセットを用意しています。 ビデオ説明なども用意いたしました。 IELEテストネットをご利用いただき、IOHK側にあなたの考えをぜひお聞かせください!

すでにリリースされているKEVMテストネットは大成功しています。 彼らは、より開発者にフレンドリーな環境にするためにたくさんのアドバイスと提案を受けています。 新しいプロダクトマネージャーである Marcも新たに雇いました。 彼はSTK、フレームワークなど、カルダノを開発するための最良のプラットフォームにするよう開発者のエクスペリエンスについて常に考えています。

品質保証について

彼らはQA面でも努力をつづけています。 彼らの希望は、現在手動​​で行われていることをすべて自動化することです。 IOHKはこれに関して2つの会社(Allied TestingとQuviQ)と共同作業を行いう、彼らからたくさんのことを学びました。

カルダノ1.4について

"9月と10月には、カルダノver. 1.4の発表を控えています。 Ver. 1.4はおそらく更新を開始して以来、カルダノにとって最大のアップデートのひとつになるでしょう。 これには、 2月から働いているカルダノウォレットのバックエンド作業 が含ま れます。 2月にIOHKは、UTxOスタイルのウォレットがどのように進歩し、全く新しい仕様を書いて厳密にアセットを改善するかについて十分に学びました。

IOHKが入力選択をどのようにしているか、そして2月に開始されたプロジェクトの直近の結果について、Well-TypedのコンサルタントであるEdsko de Vriesのこのゲストブログ記事をご覧ください。"

4月には仕様が完成し、実装段階に移行しました。 6人のエンジニアは尽力をつくし、9月にはQAプロセスに進むことができる予定です。 そしてQAプロセスの後には、カルダノ 1.4はリリースされる準備がすべて整います。

加えて、カルダノのコア部分の開発に取り組むチームがいます。 彼らは、モジュール化しやすく、テストが簡単で、Shelley固有のコード(分散化のためのもの)を置くためのインフラストラクチャ作業を準備することに取り組んでいます。 さらに4〜6週間のリファクタリングが必要となり、コアの構築と強化を開始し信頼性を向上させるなど良いポジションに向かっています。 この作業の多くは1.4で終了する予定です。

一般的なユーザーにとって、カルダノ 1.4は大幅なスピードアップやパフォーマンスの向上はもたらさないかもしれません。 ただし多くのアドレスと多くの取引が出入りし、許容範囲を超えて取引されている取引所際には、改善の成果が見受けられるはずです。

そしてダイダロスをカルダノ 1.2でリリースされたv1 APIに徐々に移行します。 19項目が指定されています。 ダイダロスは実際に合計26のAPIを使用しています。 IOHKはこれらのAPIに接続し、ダイダロスをすべてカバーするためにv1 APIを拡張するか、別の方法を使用するかを決定することになります。

チャールズはここで、V1 APIは非常に優れていると付け加えています。 もしカルダノ上に交換所やプロジェクトを立ち上げる立場の方であれば、あなたはそれらの機能をみておいた方がいいでしょう。

仕様について

プロジェクト仕様に関しては、今月中に委任仕様書を完成させ、この実装を開始します。 また、インセンティブワークストリームは論理的には完成しています。 彼らはこれをShelleyのインセンティブの最初のバージョンのように見せたいというアイディアをもっています。 しかし、ネットワーク側には依然として多くの疑問があり、詳細にわたる設計になっています。 彼らには、Ouroborosと分権のために必要なものすべてを手に入れるために、ゆっくりと完成形に近づけているのです。

Ouroborosについて

IOHKは徐々にOuroboros Genesisに取り組んでいるチームを増員しています。 このチームはプロトタイプの外観を見ており、カルダノのプロトコルの実装だけでなく、他のプロジェクトに実装するスタンドアロンのプロトタイプの作成を意味します。 彼らは、Ouroborosに興味のあるさまざまなグループの人たちと討論をしました。 Hyperledgerグループのメンバーは、OuroborosがFabricのようなプロジェクトのために何ができるのかとても興味があります。 現時点では、彼らは私たちのために、そして私たちのために意味があるかどうかをみつけようとしています。 かなり良いプロトコルであり、多くの人がそれを好んでいます。

残念なことにOuroborosは仮想通貨と高度な科学の世界に存在しているため、説明するのが大変難しいものです。 エンジニアリングの世界に引き込まれ、理解の幅を広げるよう努力を試みる必要があります。 その教育の基準は、Raftというプロトコルです。 Raftは スタンフォード大学の John OusterhoutとDiego Ongaroによって制作さ れました。 Raftの目的は、Paxosのすべてのことをするプロトコルですが、説明するのはより簡単です。 IOHKはプロトコルの説明方法を検討しており、Ouroborosがボンネットの下でどのように動作するのかを研究し、何もない状態や遠い場所からの攻撃など、特定の問題をどのように解決するのかを理解することが容易になるはずです。 これはIOHK研究の大きなプロジェクトとなるでしょう。

プルタス&マーローについて

カルダノ ver 1.4以降、PlutusとMarloweの開発は拡大されました。 チームは2人から6人に増え、最終的には最大8人まで増やしたいと考えています。 Plutusの設計が実際に安定し始めているので、Plutusをスマートコントラクト言語とし、Plutusと外部世界とのやりとりやHaskellの埋め込み方法などについて話しています。このチームは夏と秋の間、できるだけ早くPlutusとMarloweを引き込むことを望んでいる。 彼らはカルダノのアセットを発行するために開発したキメラアセット標準と組み合わせて、複数のトークンレジャーにすることもできます。 それには専用のコンテンツがあります。 デザイン上のいくつかの問題があるなど、まだいくつかの議論が必要です。これがいつ完了するのかを正確に言うのは難しいですが、良いニュースは、Phil Wadler のような優秀な人材を含めチームが劇的に成長していることです。

セマンティクスベースのコンパイルについて

“KはHaskellで書き直されており、チャールズはセマンティクスベースのコンパイルで大きな進歩を見ています。 彼らは、義務的な言語だけではなく、機能的言語でSBCの概念をテストし始めました。 彼は最近、イリノイ大学アーバナシャンペーン校に行き、ランタイム・ ベリフィケーション(Runtime Verification)チームと1週間を過ごしました。 彼はデモを見て、IEL​​EでERC-20トークンを実行することができました。 SBCがどこに行くのかについてたくさんのミーティングを持ち。 進歩と成果に関しては非常に勇気づけられました。リスクの高いハイリターンプロジェクトだったので嬉しく思います。 今年中彼らは、実現と達成を果たすためにプロジェクトを推し進め、疲れ果てることでしょう。”

Twitterのピアレビューに関する質問について

チャールズはTwitterで多くの質問を受け、IOHKが会議に論文を提出したときに取得するピアレビューコンテンツを公表する予定があるかどうかについて、ユーザーが質問しました。 チャールズはこれに140文字のTwitterの回答を超えて答えたかったと言っています。

コンピュータサイエンスの世界でのピアレビュープロセスに精通していない人には、通常会議に論文を提出します。 これらの会議の中には、さまざまなティアがあります。 たとえば、暗号化の世界では、CryptoとEuroCryptoがあります。 ティア2では、Financial CryptoやAsiaCryptのような会議があります。 Tier 3には、プライムタイムの準備が整っていないものの、非常に有望な論文のための入門書があります。 最上位の会議では、ピアレビューで生き残った論文の受入れ率はおよそ10-15%です。 彼らは有名な研究者や大学から多くの論文を受け取ります。

そのプロセスがどのように機能するかは、あなたが実際に論文を盲目的に提出し、査読者も盲目的であるということです。 二重盲検法です。 誰が論文を書いたのか分からず、誰が論文をレビューしているのかわからない。 しかし、あなたは、査読者が会議に関連する査読委員会から選ばれていることを知っています。 これらの査読者は、「強く受け入れる」から「強く拒絶する」までの選択肢と、その間の決定のスペクトルを持つので、コメントを書いて最初の決定を下すでしょう。 その後、あなたは反論を書く機会を与えられ、彼らはこれから自分の心を変えることができますか、別の査読者を得ます。 最後に、査読者は、レビューされた論文のコレクションをとり、会議で発表する価値のあるものを決定します。

これらのコメントや前後のコメントは一般に公開されていません。 これは、査読者や論文作成者に、物事を提示する方法において、より正直で、より外交的でない自由を与えるからです。 それが 公開された 場合 、彼らは物事を提示するなど、より保守的である必要があります。 これは、 会議自体が登録し、プレゼンテーションや対話も公共のある人にPRしている 、 と述べました 。 それは正直な対話を得るために必要なことと、学術コミュニティへの透明性のために必要なことを公正に妥協することです。

Ouroboros GenesisとPraosの場合、IOHKはEuro Cryptでこれを発表し、活発な公的議論がありました。 そのためのピアレビュープロセスはプライベートではありました。 これは、空間全体と学界全体の標準に過ぎません。 Twitterの質問に答えるために、チャールズとIOHKはそれらのコメントを公表しな。逆効果であるからだ。 現実には、これらのプロトコルは使用されることを意図されているため、学問の世界を逃れてエンジニアリングの世界に入ります。 チャールズは 、「特定のドメインに応じて正直に言うと、あなたがセキュリティ以外のものについて話して起動する必要があるため、学術論文は、エンジニアには興味深いものではないですが、使いやすく、実用性、有用性です。」 ことをここに 述べている プロトコルは普遍的かつユビキタスではありませんもあり、すべてに役立ちます - 要はハンマーやドライバーのようなツールです。 結果として、すべてのツールがすべての仕事のためのものではありません。 プライバシー、集中管理のレベル、パフォーマンス要件、プロトコルの失敗に対する回復力、展開シナリオ(例:小規模または大規模なグループによって実行される か、 地理的にクラスタ化されているかまたはこれらのノードは断続的であるか、オンラインで24/7対応ですか?)これらの要因によって、 どのプロトコルがより意味のあるものになるかが決まります 。 IOHKの望みは、コミュニティとして、またスペースとして、広範な会話を開始することです。なぜなら、人々が構築することやその工学的アプローチについて非常に大胆な主張をする財政的インセンティブがあるからです。

たとえば、毎秒50万件のトランザクションが達成されるとか、500ミリ秒でブロックを動かすことができます。 それはほとんどすべてのシナリオでは当てはまりません。非常に特殊な、非常に特殊なタイプの展開と使用の場合にのみ当てはまります。 実生活の設定、特に暗号通貨の設定では、そのような数字とパフォーマンスはめったにありません。 非常に重要なことをあきらめる必要があります。 将来的には、トレードオフやユーティリティーや有用性、セキュリティの前提条件、そしてこれらのプロトコルを起動するときに誰がコントロールするかについて、より広範な議論をするために、より大きな努力を傾注します。

レイヤリングプロトコルについて

2019年に移行するIOHKは、新しい機能でプロトコルを階層化することを強く希望しています。 特に、Bitcoin空間では、Lightningのようなものを使うことについて大きな議論が発生しています。 ある種のケーススタディー(すなわち、マイクロトランザクションやフェデレーションされたアクター上での接続)に使用できる、よりパフォーマンスの高いフェデレーテッドプロトコルを使用して、低速、非常に安全、非常に分散された基本プロトコルをハイブリッド化することには、銀行や金融機関のように)。 両方の世界のベストを得るためには、そのモデルについて考えるのは大変意味があります。

この目的のために、IOHKは、次の年に2つのプロトコルがカルダノに徐々に引き寄せられると考えている第2層プロトコルのリサーチを始めました。 これには、東京工業大学のKaleidoscopeやRoyaleの研究ストリームのような一時的なプロトコルが含まれます。 カードゲームや、支払いチャネルなどの方法で取引システムを高速化するような分散型の取引などの幅広い計算のためのものです。 また、信頼できるハードウェアを使用できるかどうかについても特に興味があります。 だから、これは2019年に入っても大きな議題になるでしょう。IOHKが考えることは、スマートコントラクトの世界では今のところ評価されていません。

良いニュースは、Ouroborosがこれらのレイヤ2スタイルのソリューションにとって非常に優れたプロトコルであることです。 スロットリーダー設計のため、このアーキテクチャに非常にうまく対応します。 エコシステムにも価値をもたらし、良いことだらけです。

要約

カルダノはとてもうまくいっています。 誰もがワークフローに満足し、プロジェクト完成スケジュールなどにより、一貫性と信頼性が認められました。 コードとエンジニアリングの品質は確実に向上しました。 そしてIOHKは、たくさんのパートナーと手軽にやり取りをする方法を見つけました。

多くの人々はまだ知りませんが、IOHKはカルダノに実際取り組んでいる多くのエンジニアリング会社のひとつです。 監査側は、FP Completeが担当しています。 開発面では、IOHK、Tweag、Well-Typed、Predictable Network Solutions、Allied Testing、QuviQなどの小規模のコンサルタントが携わっています。 彼らはすべて別々の役割を持っています。 地理的にも分散しているため、そのすべてを管理し、可能性を得る方法を確立するまでには時間がかかりました。 相互関係では、1つのグループが遅れていると、すべての人のスケジュールが遅れますが、これに一つ一つ対応することでより状況は良くなっています。 チャールズは、 今年 後半の予定が 現実化するにつれ、2019年の展望に大変興味が沸いていると言っています。2019年は確実に私たちの年になり、シャーディングとブロックチェーンベースのガバナンスに乗り出すことになるでしょう。

ウォレットの多様性について

もうひとつ言っておきたいことがありました。チャールズは、ウォレットの多様性とその活用方法に興味を持っています。 現時点は引き続き詳しいリサーチを経ている段階で、競合する多くの実装オプションを持つことは非生産的であろうと考えています。 これは最終的には、開発のエコシステムを劇的に遅し、コーディネーションコストが多数発生するからです。

回復力や 分権を考えるなら、ウォレットの多様性が重要になります。 IOHKはそれに向かって積極的に動いています。 多様性の中心となるのは、仕様水準をあげることです。 リリースされた最初の仕様はウォレットのバックエンド作業でした。プロトコルのためのコア、ネットワーク、およびその他のコンポーネントの仕様が表示されます。 これらは独自に実装されます。 確かなスキルを持つ開発者は、ウォレットを作ることができなければなりません。選択したどのプログラミング言語でも。 IOHKは、Rustのカルダノの完全なノードを並列に構築する作業を開始しました。すぐにGithub repoに気付くでしょう。 そしてこれをスケールアップし、成熟度に達した後にそのRustクライアントを維持するパートナーを見つけることを願っています。

また、Elixirのような外来からの言語や、TypescriptやJavaScriptのような標準的な言語でもウォレット制作が実現していることを知り嬉しくおもいます。これは 教育学者と開発者のアクセシビリティのためです。そして 2019年の豊富の1つは、カルダノ改善のための提案プロセスを開始することであるとも述べました。 CIPのスタイルは、何らかの形で運営委員会または ブロックチェーンベースの ガバナンスがあり、コミティーの協力を 伴い、非常にシステマティックな方法で仕様を更新するべきです。

これを行う方法についていくつかの良いアイデアがあります。 Linux Foundationを見て、HyperLedgerプロジェクトがどのように管理されているのかを考えると、それらの管理構造にはかなりのメリットがあります。 ただしアプローチは時には官僚的であり、包括的ではない。 これを突き進めることは、技術的には挑戦ではありませんが、社会的、調整的、制御ベースの課題となることでしょう。

最後に

最後にチャールズは、カルダノが製品として成熟するのをみて大変嬉しく思っています。 カルダノ Ver. 1.4に付属するレジャーサポートのような興味深い昨日があり、その後にはマルチ・シグネチャも控えています。

それらの機能はバックボーンに染み込んでいます。そしてカルダノは、仮想通貨を考えるときに人々が期待するものにますま力を注いで行く予定です。 ここでの利点は、本質が非常に異なっていることです ーはるかに優れており、より安全に構築されたもの。本当にプロトコルに気を配っている素晴らしい人々の多くの力で作られているのです。 これらの人々は、いまあるものよりも優れたアイデアを思いついています。 特に入力選択ポリシーは、おそらくかなり前に行われていたはずのものです。いまその開発の結果をみていくのはとても興味深く感じています。

最後に、皆さんの情熱とプロジェクトへのサポートに心より感謝します!