10/17(月) 純国産養鶏のフランス料理ディナーイベント in新橋

コミュニティの皆様、こんにちは!
学生アンバサダーのISSAです。

本日は、ちょっと変わったミートアップイベントをご案内させていただきます👀
実はとあるご縁で知り合った畜産家の方から、農薬や抗生物質を一切使用せずに、大自然の中で育てられた美味しい養鶏をお譲りいただけましたので、10/17(月)の19:00~21:00に、新橋にある高級フランス料理店をお借りして、少人数のディナーイベントを開催することに致しました!:plate_with_cutlery::sparkles:

ディナー会場:オリゾントウキョウ(新橋駅より徒歩3分・カレッタ汐留ビル最上階)

参加費はお一人様2万円を頂戴させていただきます。
また、今回は材料がとても希少なため、参加者は先着8名様までとさせていただきます。
ご興味がある方は、以下のGoogleフォームから参加申込をお願い致します。

【企画の詳細】
今回のディナー企画は、CatalystのFund9で採択された「 Quality Assurance of Organic Foods (予算: 約100万円)」という提案の最初のPRイベントとなります。こちらの提案は、有機農業のコンサルをされている平山典彦さんと私が共同で提案&採択されたプロジェクトとなります。

提案内容を物凄くざっくりと説明すると、
①農薬や化学肥料を一切使用せずに、土壌微生物の力のみで育てる自然農法を普及させること。
②この農法で育てられた野菜とそれを飼料とする家畜の生産過程情報(トレーサビリティ)の保証に、カルダノのAtala製品を活用すること。
③生産された本物のオーガニック食材を、健康志向の高いADAホルダーに優先的に提供すること。
の3点になります!

そして、本プロジェクトは数年スパンで取り組む長期的なロードマップとなっておりますので、まずは、カルダノコミュニティの方々から継続して注目してもらうために、完成品となる食材を振る舞うディナーイベントを開催することに致しました!

本プロジェクトに協力してくれた平山さんは、元々原子力発電所のプラントエンジニアをされており、稼働実験の失敗による大量被曝から食事療法で自己回復を果たした経験があります。こうした過去から、平山さんは有機農法への関心が高まり、今では全国津々浦々の有機農家の指導&支援に取り組んでおられます。

しかし、農業というお仕事には大変お金がかかりますし、ましてや有機農家となると、農薬や化学肥料を売りたいJAからも煙たがられてしまいますので、事業資金と顧客の確保が大きな課題となっているそうです。そんな中、以前に私が行ったCardanoブロックチェーン勉強会に平山さんが参加してくださり、そこでCatalystという資金調達機会に興味を持たれたのが、私と知り合ったきっかけです。

そこから本プロジェクトの提案に至るまで、何度も平山さんとお話しをさせていただきました。当初の私は、農業には正直全く興味がありませんでしたが💦、平山さんから日本の農業の実態や食事と体の機能との関係性など、様々なことを教えていただいてからは、すっかりエンゲル係数も右肩上がりとなってしまいました笑😂。改めて「食」というものは、大変奥深いものなのだなと感じさせられます。

こうした知見をコミュニティの皆様にも共有したいと思ったため、私は平山さんのプロジェクトに協賛をさせていただきました。今回のディナーイベントには、平山さんも参加されますので、ぜひ食事を楽しみながら色んなお話しを聞いていただければと思っております。

改めて、今回のディナーイベントにご興味が湧いた方は、ぜひ以下のGoogleフォームから参加申込をお願い致します。先着8名様までとなっておりますので、ご注意ください⚠️