Ergoで引き立つカルダノ

Ergoとは?
Ergoの主な目的は、効率的かつ安全な方法で金融契約を提供することです。これにより、事前の信頼構築を必要とせずに非中央集権的な方法でそれらを使用できるようになります。

Ergoのコンセンサスプロトコル — オートリコス —はよく知られているプルーフオブワーク(PoW)コンセンサスアルゴリズムに基づいています。そのネイティブ トークンは ERG です。

PoWプロトコルは高いセキュリティが保証され、クライアントに優しいなど、いくつかの理由で PoW が選ばれました。

しかし、オートリコスはビットコインのPowとはいくつかの大きな違いがあります。1 つは、Ergoブロックが非インタラクティブなプルーフオブワーク (NIPoPoW) をサポートしており、シン クライアントは 1 メガバイト未満のデータをダウンロードするだけでネットワークと同期できます。

さらに、Ergo は認証済み状態を使用し、任意のトランザクションに対してクライアントがその正確性の証明をダウンロードできます。したがって、ブロックチェーンのサイズに関係なく、一般のスマートフォンユーザーでもネットワークに参加し、フルノードと同じセキュリティ保証でErgoを使うことができます。

Ergo はカルダノに何をもたらすのか?

カルダノ互換の完全なPoWは、カルダノエコシステムのすべての開発者に多大な貢献をすることができます。

Ergoは、カルダノと同じeUTxO(拡張UTXO)モデルにプルーフオブワークとの互換性を持たせてスマートコントラクト言語を採用した最初のブロックチェーンです。

PoS は非常に安全なプロトコルですが、一部のスマート コントラクトでは実行する際、部分的にPoW のコンセンサス理論によるセキュリティ機能が必要になる場合があります。

担保化されたDeFiを実施する場合、dAppが大きければ大きいほど、その処理で持っているステークは大きくなってしまい、これがプルーフオブステークコンセンサスではまだ完全に解決されないので弱点となります。

Ergoは、PoW特有の非常に自然な暗号の概念を、ゲーム理論の実装プロトコルが全く異なるPoSに翻訳するのではなく、共通のUTXOモデルの上により複雑なDappsの実装に対して十分なセキュリティを備えたPoWの実証済みセキュリティを与えます。

一方、Ergoは、より複雑で複数のブロックチェーンと統合することは容易ではないが、評判を利用したフェデレーションアプローチを備えた、証明ベースではない相互運用性プロトコルに取り組んでいます。

これにより、カルダノのエコシステム全体が、OKexやバイナンスなどの大規模な取引所で採用された Solana ブロックチェーンとの相互運用性を開きます。

イーサリアムが採用するアカウントベースのモデルは、スケーラビリティの問題に直面しており、生態系の成長が高いガス代につながるため、イーサリアムにとって問題となっています。スマート コントラクトは単一のシャードに存在するため、スマート コントラクトのシャーディングを使用したスケーラビリティはまだ解決されておらず、DApps は実質的にスケーラブルではありません。

eUTxOモデルのこれらの利点はすべて他のブロックチェーンによってコピーされるわけではありませんが、相互運用性によって他のプロジェクトやDAppsは、Ergoにトークンを持ち込むことでこれらのユニークな利点を使うことができます。

Ergoプロトコルの暗号化技術は、より高度な暗号化署名が非常に柔軟で構成可能なシグマ プロトコル上で実行されます。

Ergo上に構築されているDappsには、オークションハウス、NFT、クラウドファンディングアプリケーション、DEX、オンチェーンゼロナレッジトレジャリー(一定量の資金を管理し、シグマプロトコルのおかげで、有権者はオンチェーンであってもプライバシーを維持しながら参政権を持てる小規模なDAO)などがあります。

オラクルは、アプリケーションを実行するためにブロックチェーン外のあらゆる種類のデータが必要になるため、財務的なものだけでなく、すべてのアプリケーションに不可欠です。Ergoで許可された偏差チェックコンセンサスを持つ各層のオラクルグループは、アプリケーションの全く新しい世界を開きます。

Ergoはまた、 ageUSDと呼ばれる新しいステーブルコイン、最初のUTxOベースのステーブルコインとローカル交換システムを実装しています。

ステーブルコインは、DAppsを実行するためにErgoネットワーク上で発行された他のトークンからErgoブロックチェーンへの流動性をもたらすために必要なアプリケーションのグループである「流動性マシン」に力を与えます。

コンセンサスプロトコルでこれらの補完的な機能を使用して, PoWとシグマと暗号化によりErgoは、開発者がDAppsを構築するための完全なソリューションを持っているとしてカルダノにとっての競争上の優位性になります。

ERGO情報元: https://ERGOplatform.org/en/