IOHKよりLiteADAー高速テストネットワークの提案の提案

IOHKの意見:有益なので夏までは続けたい。LiteADAがメインネットを遅らせるというのは次の2点から誤り。①メインネットチームとは違うチーム②メインネットのために必要なデータを提供してきたい(ステーク率など)

特に1か月間の報酬の延長は7月のインフレを意味するため、コミュニティの過半数の合意が必要で詳細はサミットで発表したい。

しかし、その前に迅速な意思決定を行いたい。

迅速さと必要な合意のバランスと取るため、2段階で意思決定を行う。

①1段階目:オペレータによる継続投票(6月25〜28日)

議題:

・ITNを7月末まで活用し、エポック199(29日)7月末までの95百万テストADAによる報酬付与が再開されることに賛成か?(重要:この時点では29日以降の報酬はリアルADAにできるかどうかわからない!!)

有効化条件:

・過半数が0.9.0にアップグレードすること

・循環供給の45%に対応するITNのアクティブステークの3分の2である30%の委託を受けるプールが参加すること。

・投票に参加したプールのステークに応じた過半数が賛成すること。(投票に参加し”棄権”を選択するとこれには集計されない)

方法:

コマンドを使うか、使いやすいアプリができるか今作業中。

②2段階目:ホルダーによる投票:否決の場合は6月19日以降の報酬はリアルADAに変換できず、ITNテストネットは終了する。(7月)

7月にメインネットのスナップショットをとり、DaedalusまたはYoroiでこのスナップショットの時点でadaを保持している場合は、投票権が付与される。(2週間前には告知します。)

複雑と思いますか?はい、複雑です、お詫びします!今後1~2週間で詳細をお知らせします。チャールズの動画も出します。

私のLiteADA解説動画もご参照ください😄