[ISSAさん協力]Cataslyt状況まとめ/東半球ミートアップ議事録🎉

[Fund9のスケジュール]

①今週の月曜日から投票期間がスタート

・投票に参加するためには、DaedalusかYoroiで有権者登録(=QRコードと4桁のPINコードの発行)を事前に済ませておく必要がある

・投票を始める前に、投票アプリの更新が必要(App StoreかGoogle Playなどで)

・Fund9の投票期間の締め切りは、9/19(月)の20:00まで

・投票のやり方は、CoinPiaceさんの記事か私(ISSA)の動画をご参照ください

・CoinPiaceさんの記事:【投票開始】FUND9:Catalyst Votingアプリで投票する方法を解説 | CoinPiace: 暗号資産情報

・私(ISSA)の動画:Cardano Catalyst(カタリスト):投票アプリの使い方 - YouTube

②第2回dRepワークショップの内容

・dRep一人あたりの委任投票力の上限は、Catalsyt全体の投票力の1%まで

・dRep一人あたりの報酬額の上限は、自分が集めた委任量の1%まで

・dRepへの委任者は、自分でQRコードやPINコードを発行する必要がなくなる

・各dRepの投票先は専用のサイト上で公開され、誰でも閲覧が可能である

・Fund10から、普通の有権者も合計40個以上の提案に投票をしないと報酬が発生しなくなる(dRepへの委任が前提に?)

[Fund9の推奨提案リスト集]

:warning:今回から「日本関連提案だから」という理由だけで、すべての提案に賛成投票をすることは非推奨です。過去にリストに載って、採択された日本関連提案の中にも、プロジェクトの進捗を十分に報告していないにもかかわらず、資金をもらい続けている提案もあります。下記のリストに掲載されている提案概要や推奨理由などを参照しながら、最終的にはご自身の判断で賛成か反対かをご検討ください。

①私(ISSA)の作成した推奨提案リスト:

→日本関連提案+私が新設した学生専用カテゴリーの中から、仮に自分がdRepになった場合に賛成票を投じる提案を選出しました。選出基準・各提案内容の概要・評価ポイントなどをまとめています。僭越ながら、自分の提案も2つ載せていますが、ぜひご参照いただければと思います。

②Ranketさんの作成した推奨提案リスト:

→LINEオーブンチャットコミュニティの随一の有識者であるランケットさんが、日本関連提案の中から賛成票を投じるべき提案を理由付きでリスト化してくれました。提案書の完成度はもちろんのこと、提案者とコミュニティとの距離の近さも選出基準として重要視されています(*ご本人から掲載の許可はもらっています)。

③Yutaさんが作成した提案リスト:

→Yutaさんには、唯一日本関連提案をすべてリスト化してもらっています。提案概要と審査員からの評価コメントも要約してまとめてありますので、すべての提案内容を検討したいという有権者の方は、ぜひこちらのスプレッドシートをご参照ください。

[今回の定例会に参加した提案者(敬称略)]

Yuta/ISSA/Ranket/ゆーにゃ/セラ・ユン/八木/フレッド田中

→以上の7名が参加し、各自の提案内容や追加情報を発表されました。いずれの方の提案も、上記のリストにはすべて掲載されていますので、ぜひ投票のご検討をよろしくお願いします(詳しくは録画を参照)。

[おまけ:投票における、よくある質問集]

Q1:投票に参加したいのですが、QRコードと4桁のPINコードはどこで発行できますか?

A:QRコードと4桁のPINコードは、投票期間が始まる2週間前までに、DaedalusかYoroiウォレットで事前に発行しておく必要があります。発行しそびれてしまった方は、残念ですが、次回のFund10からのご参加をお願いします😭

Q2:4桁のPINコードを忘れてしまったのですが、再発行はできますか?

A:投票期間が始まってからだと、PINコードの再発行はできません。特に、Yoroiウォレットで発行した場合は、ウォレット側がランダムな4桁を勝手に指定するため、それを控え忘れてしまったorメモやスクショを紛失してしまった場合は、Fund9の投票参加は諦めなければなりません😭

Daedalusで発行した場合は、自分で4桁を設定できるため、普段使う4桁のパスコードを総当たりで試せば、もしかしたら投票ができるかもしれません。

Q3:QRコードの読み取りでエラーが出てしまうのですが、どうすればいいですか?

A:こちらの原因はQRコードの発行経緯によって異なるため、一概には説明できません。よくある事例を挙げると、

①何らかの理由でQRコードを複数回発行したことがある方は、前に発行したQRコードとPINコードの組み合わせが混ざっている可能性があります。もし古い方のQRコードも控えている場合は、別の組み合わせで試してみてください。

②QRコードを発行したウォレットの残高が、何らかの取引により8/4時点で500ADAを下回っていた場合は、有権者のウォレットとして加算されません。今から残高を増やしても権利が復活するわけではないので、この場合はFund9の参加を諦めなければなりません😭

③以前は使えていたQRコードとPINコードの組み合わせが、なぜか今回は使えなかったという方は、アプリ側の不具合の可能性があるため、時間を置いて再度QRコードの読み取りを試すか、一度投票アプリをアンインストールした後に、再度インストールし直してQRコードを読み取ってみてください。

ルール上は、Fund4以降に発行したQRコードとPINコードであれば、Fund9でも使い回しができるはずなので、上記を試してもエラーが解消されない場合は、YutaさんのLINEオープンチャットでご質問ください。可能な限り対処致します。

Q4:投票報酬はどうやって&どれくらいもらえますか?

A:1件以上の提案に投票すれば、投票報酬をもらうことができます。報酬額は、何件の提案に投票したかではなく、何ADA入ったウォレットで参加したかに比例します。具体的な金額は、投票に参加した全有権者の総ADA枚数によって変動するため断定はできませんが、大体1万ADAのウォレットで投票した場合は20~80ADAくらい、10万ADAの場合はその10倍、100万ADAの場合はさらにその10倍貰えるといったイメージです。

Catalystを通じて、見込みのあるプロジェクトに投票=投資をすることは、巡り巡ってADAの価格にポジティブに働くでしょう。ぜひ、ホルダーの皆様もCardanoのガバナンスに積極的に参加して、一緒にコミュニティを盛り上げていきましょう!! :grin: