サミットの議題が公表されました…日本時間と日本語を補足します🔥

#Cardano #ADA サミットの議題が公表されました!:tada::tada::tada:日本時間と日本語を補足します:fire:

議題:

1日目
2020年07月02日(木)
22:00:接続
23:00:チャールズ基調講演
2020年07月03日(金)
0:00:
”ワイオミングは開かれています”ワイオミング州下院Tyler Lindholm、ワイオミングブロックチェーン選択委員会Caitlin Long、ワイオミングバンキングバンキング部門Albert Forkner、Steve Lupien, Beefchain(Jerry Fragiskatos司会)
”IOHK研究概要”Prof Aggelos Kiayias, Prof Elias Koutsoupias, Prof Alexander Russell, Prof Phil Wadler
”Cardano統合Adrestiaの入り口”Alex Apeldoorn
”コミュニティマネジメントにオープンソースを”t Ben O’Hanlon, Cardano Foundation, Casey Monroe, Cardano Foundation
”Cardanoの長期的開発資金調達の効率的、民主的なアプローチ”Prof Bingsheng Zhang
2020年07月03日(金)
1:00:休憩
1:30:
”暗号資産の主流の採用…法定通貨と共存する未来はあるか?”Mamuka Bakhtadze, former prime minister of Georgia, Paul Atkins, former commissioner, US Securities and Exchange Commission, panel moderated by Rachel Wolfson
“Ouorboros:CardanoのPOS証明”Dr Christian Badertscher, Prof Aggelos Kiayias, Dr Vassilis Zikas, Prof Alexander Russell, Dr Peter Gaži
”分散型アイデンティティが経済的包摂を促進する方法”John O’Connor
”Cardanoのグローバルな情勢における足跡:革新的なコミュニティの関与”Dr Inon Schenker
”Cardanoのガバナンスモデル”Dr Dor Garbash
2:30
”インターネット構築:もし私が異なる方法で行ったであろうこと…”Vint Cerf, Internet pioneer and Google internet evangelist, Prof Aggelos Kiayias, panel moderated by Prof Philip Wadler
”Hydra”Dr Matthias Fitzi, Dr Sandro Coretti-Drayton, Dr Manuel Chakravarty, Dr Philipp Kant, Rob Cohen
”EmurgoのdLabアクセラレータとCardanoの促進”Heikki Vänttinen, Honeycomb, Nick Williams, Sempo, Nimesh Pinnamaneni, Helixworks, panel moderated by Nicolás Arqueros
”アンバサダ制度”Tiago Serôdio, Cardano Foundation
”暗号資産の法的状況の変化…どこにいて、どこへ向かうか”Drew Hinkes, Carlton Fields, Patrick Murck, Berkman Klein Center, Harvard University, Dr Karin Lorez, Lorez Legal, Rebecca Rettig, FisherBroyles, panel moderated by Addison Cameron-Huff, co-founder of Toronto Blockchain Week
3:30休憩
4:00”ADA Pay,業者がADAPayを受け入れる形”Shahaf Bar-Geffen, Coti Group, Dr Nir Haloani, Coti Group
”関数型スマートコントラクトPart1”Prof Phil Wadler, Dr Manuel Chakravarty, Prof Simon Thompson
”インドネシアのコーヒートレーサビリティ”Shunsuke Murasaki, Emurgo
”Emurgo教育プログラム”Ellappan Venkatesan, Emurgo
”ダムを崩壊させる方法…主流の暗号通貨採用への法的および規制のハードルを克服する”Prof Emilios Avgouleas
5:00
“IOHKのIDソリューション”Dr Dynal Patel, Mark Griffin, Christos Loverdos, Alexis Hernandez
”関数型スマートコントラクトPart2”Prof Phil Wadler, Dr Manuel Chakravarty, Prof Simon Thompson
“Hyperledgerコンソーシアムへの参加ー協業と革新の機会”n Brian Behlendorf, Executive Director, Hyperledger Consortium Dr Romain Pellerin, Grace Hartley, Nathan George, panel moderated by Monty Munford
”Cardanoのこれまで”Alfred Moesker, Hotel Ginebra
”デジタル資産、誰でもどこでも交換?たった1%だけ?”Marcel Hostettler, Heuking Kühn Lüer Wojtek
6:00休憩
6:30
“コードの監査とセキュリティ:汚れた洗濯物を公共の場で干すのはなぜですか?”Charles Morgan
“軽量クライアントの構築”Dr Pyrros Chaidos, Kostis Karantias, Dr Peter Gaži
”Shelleyでは未実装なCardanoの構造と改善の未来”Dr Kevin Hammond, Dr Duncan Coutts
”ステークプールオペレーターの旅と成功と反省”Umed Saidov, Oqulent
”アメリカのステーブルコイン規制…滅亡か?開花か?”John Collins, FS Vector
7:30
“ブロックチェーンベースのAIに関数型プログラミングが非常に貴重な理由”Ben Goertzel, Singularity.net
“統合環境”Dr Sandro CorettiDrayton, Prof Spyros Voulgaris, Athens University of Economics and Business, Dr Neil Davies
”DaedalusとShelleyのユーザーエクスペリエンス”Darko Mijić
”より良いものを”Eystein Hansen, Ada North Pool operator

2020年07月03日(金)
22:00:接続,要約と2日目の紹介
23:00:
”なぜIOHKはHyperledgerオープンソースコミュニティへ参加したか?”Dr Romain Pellerin, Aparna Jue, Jerry Fragiskatos
”プールと委託1:残高管理”Dimitris Karakostas, Dr Mario Larangeira
”資産のトークン化を通じて投資を民主化する”Tumelo Ramaphosa, John O’Connor
”アフリカでのCardano” Joshua Akpan
2020年07月04日(土)
0:00
“未来より…拡張UTXOのスマートコントラクト”Alex Chepurnoy
”委託とプール2:報酬”Aikaterini-Panagiota Stouka, Dr Lars Brünjes, Prof Elias Koutsoupias
”IOHKの認証ソリューション”Carlos Vargas-Montero
”関数型言語の未来、Haskellのこれまでと今”Prof Simon Peyton-Jones, Prof John Hughes, Prof Philip Wadler, Dr Kevin Hammond, Dr Duncan Coutts
”分散化されたソフトウェアアップデート”Dr Nikos Karagiannidis Dr Damian Nadales, Dr Michele Ciampi, Dr Dionysis Zindros
1:00 休憩
1:30
”分散化コンセンサスと物理学”Stephen Wolfram, Wolfram Research
”プライバシー1:ゼロ知識証明とブロックチェーン”Ahmad Alkabra, Tyler Lindholm, Beefchain, Steve Lupien, Beefchain, Prof Philip Schlump, Beefchain, Jerry Fragiskatos
”Cardanoの構造”Dr Duncan Coutts
”プールと分散化”n Dr Lars Brünjes
2:30
“暗号資産取引所の今と未来の議論”Panel discussion, moderated byLiam Kelly, Crypto Briefing
”プライバシー2:スマートコントラクト”Thomas Kerber, Dr Markulf Kohlweiss, Brian McKenna
”Cardano上での財務契約:MaloweのACTUS標準” Prof Simon Thompson, Dmytro Kondratiuk
”Cardanoと形式手法”Dr Philipp Kant
”Cardanoの長期的持続性”Frederic Johnson, Cardano Foundation
3:30休憩
4:00
”根拠と科学に基づくブロックチェーンシステム”Prof Aggelos Kiayias, Dr Duncan Coutts
”スマートコントラクトプラットフォーム開発における形式手法のレバレッジ”Dr James Chapman
”分裂はありません。永遠に進化するブロックチェーンのサポート”Dr Edsko de Vries
”Goguen:トークン、Dapps、そしてその先”Nebojsa Vojvodic, Michael Peyton-Jones
5:00
“IOHKとCardano”Panel Session Charles Hoskinson, Prof Aggelos Kiayias, Aparna Jue, Dr Romain Pellerin, panel moderated by Tamara Haasen
”クロスチェーン技術と相互運用性”Dr Peter Gaži, Dr Dionysis Zindros, Rob Cohen
”ワイオミング先進ブロックチェーン研究所にIOHK大学を導入”Jerry Fragiskatos, Prof Jim Caldwell, Mike Borowczak
”The Plutus platform”Michael Peyton-Jones, Dr Jann Müller
6:00休憩
6:30
“古典的、量子能力を持つ敵からのブロックチェーンの防御”Prof Alexander Russell, Prof Christopher Moore, Santa Fe Institute
”ブロックチェーンのナビゲート”Alex Apeldoorn
”Marlowe Playground”Dr Pablo Lamela, Alex Nemish, Prof Simon Thompson
”有機的ガバナンスの原則”e Dr Mihaela Ulieru
7:30
”まずはShelley、そして世界へ、文字通り”Closing keynote by Charles Hoskinson
”りんご?オレンジ?メロン?みかん?TPSだけが有力な指標ではない理由”Dr Duncan Coutts, Dr Neil Davies
”Runtime Verification”Prof Grigore Rosu, Runtime Verification
”Pooltoolとコミュニティの過去、今、未来”Mike Fullman, PoolTool

以上です!

よろしければ、詳細な質問やコミュニティの情報共有はオープンチャットなどで活発に行われていますので、完全無料完全匿名なのでご参加されてみてください😄(ルールがピン留メッセージにありますので、必読です。)

また、TwitterやFacebookやテレグラムで最新情報をシェアしてますのでぜひフォローしてください😄

また、サミットに合わせてオンラインミートアップも企画していますのでぜひご参加ください🎉
(その場合もサミットへの登録は必須ですので登録は事前にお願いします、オンラインミートアップの具体的な参加方法はTwitterなどで後日案内します!)

サミットへの登録(無料🎉)