IOHK_Charles × Maria Carmo【pool:CARDs】 質問集-ガバナンス/経歴/相互運用等々🎉 Maria Carmo Pool CARDs

チャールズと話をしていきたいと思います。とてもエキサイティングです。アイルランドはいつでも寒いです。5つの言語の翻訳も行います。

Qコミュニティの何人かは不満を言っています。

Aコミュニティメンバーにマークやノストラダマスのような人がいます。彼らは自らCardanoのIOGなどのコアエンティティに同意せず自らブロックチェーンをブーストラップを試みます。しかしオープンソースであるということはあなたが誰であるのかにかかわらず誰もが関わることができ、それは私が決めることではありません。これこそがVoltaireのポイントであり、来年にIOGの存在もCardanoとり必須ではなくなっていくでしょう。また私以外の多くのCardanoのリーダーが出てきて、意見の不一致もみられるでしょう。[嫌いになることなく反対する]といううことをAMAで言い続けている理由はそこにあります。あるときは戦いあるときは生産的に協力します。これが達成できなければアメリカのような、党による足の引っ張り合いに陥ります。あなたに同意しない人も出てきますが、それは間違っているというわけではなく、あなたと違う文化や価値観をもっているからです。誰が好きか嫌いかではなく、何を達成したいのか、どうやって成し遂げるのか、あなたは誰でどうやって監視するのか?を考える必要があります。私や大使が行動規範に違反する一定の人をバンすることになることもあります。それは検閲だといわれるかもしれませんがチャネルをモデレートする必要があります。チャールズが邪悪だというなら、私はそれに同意しません。私のAMAもスパムコメントに溢れていたのでモデレータが今は統制しています、それを検閲だという人もいますが、AMAには必要です。コミュニケーションにおける一種のトレードオフであり、唯一の解決策は、好き嫌いではなく、問題解決で物事を判断することです。私はすべてが完璧でなかったことを認めます。人が関わっているからです。人は完璧ではないから私たちはこのプロトコルを作っています。

Qマーカスより、最初に手に入れたコンピュータについて話してください。

A私はIntel386を手に入れました。16台あり、目がバイトのメモリとストレージがありました。Windows3.1もあり、私はこれが信じられないレベルのPCだと思っていました。私はまた最初のコンピュータプログラムを書きました。とても楽しかったです。最初は電話番号を2つもっていないといけませんでした。

Qどうやって最初にブロックチェーンに興味を持ったのですか?

A医者の一家なので最初は医者になれと言われ検討しました。調べ始めましたが、人に関わるのが好きではなく、また人と変わらない医学に関わることは退屈でした。実験物理学も非常に退屈でした。コンピュータや数学が好きでした。しかしその道に進み、ポスドクとなり、ラーメンを食べながら進めばお金にはそこまでこだわらずいつのまにか40歳になるという人生が待っていることに気が付きました。もっと私にはできると思いましたがどうすればいいのかわかりませんでした。そのときロンポールキャンペーンがやってきて、私は非常に政治に興味があったので、政治にかんして様々なものを学び、仕事をしました。そして最終的に暗号資産にたどり着きました。ここには数学も政治も、私の好きなものが詰め込まれています。まったくお金は稼げませんでしたが、7万人のビットコイン教育コースを作ることができました。そして紆余曲折へてIOHK’を作り、40か国に250人の従業員がいます。Catalystでポッドキャストなどが出ますが、残念ながら私はOuroborosのマーケティングとスマートコントラクトのローンチに忙しくガバナンスの実験はCatalystチームに多くを委ねています、しかしどこかのポイントで戻ってこようとおもいます。

QCatalystでは慣れない人々もいるようです。

Aもちろんです、資金調達はかなりの困難な仕事です。かなりの仕事をやったと自分で思っていても、あなたのところに、多くの人がやってきて、あるときは公平にあるときは不公平に扱われます。多くの詳細な質問が寄せられます。IOGはこれに慣れてます。学問の世界というのはそのようなものだからです。論文を書き、提出してから、時として公平に時として不公平に扱われますが、彼らから出てくる質問に表面的なレベルで答えてはいけません。論文を提出をするのは終わりではなく始まりにすぎず、このプロセスに参加する人はその考えを持つ必要があります。

提案者は批判が提案を強化することを理解しなければなりません。質問者は良い質問をしなければなりません。それは好きではないです、うまくいかないでしょう、というコメントをすべきではありません。特定の問題に言及しなければなりません、この提案は〜という詳細がありません、などです。Fund2Fund3ではさらに多くの不満と摩擦があるでしょう。しかし私たちが正しく仕事をすれば、私たちは進化します。素晴らしいですが、本当に簡単ではありません。Catalystはまたあらゆる分野の専門家も集まります。専門家は具体的な提案をしませんが、提案を助けます。Catalystは情熱を持った人々が集まりますが、彼らはすべてのスキルとインフラを持っているわけではありませんが、彼らは成功する必要があり、最初のファンドで成功しなくても、ずっと止まれば成功します。ファンドは拡大可能であり、多くの国でまいつき100Cardanoのプロジェクトが始まっていくのを見ることは可能です。

・参加量×良い参加率…テレグラムへ言ってチャールズの悪口をいうだけの参加は不十分です。わかりました確かにチャールズはあなたの犬を殺したかもしれませんが、それで、どうしたいのですか?あなたはコミュニティにどんな価値を与えますか?また、投票にただ参加しているだけでは不十分です。あなたはどんな価値観を持っていますか?どんなものが投票されるべきだと思っていますか?どのようにアイデアを促進していきますか?:ダイダロス、よろい、

・リターンの概念、ゴールの概念を明確にしなければなりません。短期、中期、長期においてこれを明確にしなければなりません。これがチャールズが決めてはいけません。コミュニティが決めるものです。

Qなぜあなたは日々仕事をしていますか?

Aあなたは自分の人生に意味を持たなければいけません。金持ちになるとか医者になって虚栄心を満たすとかいいですがそのあとはどうしますか。壮大である必要はありません、世界平和貧困撲滅これは立派です。しかしそれほど単純ではない。最高の寿司を作りたい日本の職人のドキュメンタリーがあります。これは日本の哲学を反映しており、コダワリとイキガイ。前日より美味しい寿司をつくろうということを70年かけて行っています。私はCardanoを作っていき、論文が1つできあがればさらに他の論文を生み出していき…といったサイクルを非常に楽しんでいます。さらにこれは見逃されがちですが、集中するだけではなく、一歩引いて全体像をみることも大事です。さもなければ非常に退屈な人物になります。サッカー選手や外科医は素晴らしいですが、いつか活躍できなくなります、いつか人は亡くなります。多くのことにチャレンジし、日々改善しながら大きなゴールへ近づくことです。これが私をインスパイアしているものです。

Q宝くじシステムということはどういうことですか?

Aビットコインと似ています。ビットコインは計算リソースを使って、魔法の数値を探すゲームで、それに成功したら、あなたはブロックを生成できます。Cardanoの場合は計算リソースの代わりにADAを使うことができ、電力の面から効率的です。現在CardanoShelleyバージョン1なので、まだ初期の段階ですが、今後はCardanoはさらに実力主義に近づけていきます。ADA以外の複数のリソースによりブロック生成が判断されます。これは例えばアフリカのような地域の貧しくADAを買えない人々であっても、Cardanoへ貢献する実力があればおおくブロックが割り当てられるような仕組みに近づけていきます。

Qブロックチェーンで女性を奨励するにはどうしますか?

A人種や性別は人々が夢中になっていますが、私が気にしているのはキャラクターとストーリーです。人種や性別は関係ありません、どんなキャラクターでどんなストーリーをもっているかは人より違い、そして、どうやって偉大なリーダーが集まるかです。そしてそれが結果的に女性であったとしてもそれは正しいです。例えば経済的アイデンティティの話をするとき、結果的にそれは女性につながります。なぜならそれが必要な多数は夫が戦争や飢饉で亡くなったシングルマザーだからです。私は性別や人種を組み込みたくはありません、それは助けたいと思っている人々を傷つける結果になります、どちらかが不当に利益を得たから補償すべきなどの議論になります。ストーリーに焦点をあてます、どんなストーリーがうしなわれますか?と考えたとき、性別や人種を超えて私たちが協力できます。

QDCファンド、Cファンド、財団ファンド:

ADCファンド(コミュニティが行うCardanoをより良くするための助成金)、Cファンド(IOGから資金が欲しい人)、財団ファンド(財団が担当するCardanoが競争力を得るためのもの)

Qブラジルへ行ったことはありますか?

Aはい、素晴らしい文化、そこでも多くの仕事があります。

Q人生の素晴らしい瞬間は?

Aまずは運転免許をとったとき一気に行動の幅があがりました。そして大阪で大阪城で高い肉を食べながら桜を見ていたとき、この日は本当に何もしない、貴重な日でした。そして東京でCardanoのローンチを祝ったとき、2000人の人がいたと思います。そしてShelleyを祝ったとき、これも特別な日になりました。

Q暗号資産が別のチェーンへ移ったりすることについてどう思いますか?

A素晴らしいことです、ビットコインがビットコインチェーンにいたり、他のチェーンにいたりするのをみるのは面白いことです。CardanoもLTCでこれをやろうとしています。今後これは進んでいくでしょう。問題はPOWのコインが他のチェーンへ移るのは問題がありませんが、POSのコインが他のチェーンへ移るのは議論があります。セキュリティに影響する可能性があり、この点に関しての業界標準が出てくることを祈っています。

You are a hero. Thanks