カルダノ財団のJapan Blockchain Conferenceへの出席について


#1

カルダノ財団のパートナーシップの責任者アンソニー・クラーク・ジョーンズ氏は、カルダノ・プロジェクトにおけるカルダノ財団の役割について、Japan Blockchain Conferenceで講演しました。

アンソニーは、財団の5つの重要な目標を説明しました。

カルダノエコシステムの保護、進化、充実を通して、カルダノプロトコルのブランド化を発展、保護し、商用利用のためのライセンス条項を設定し、同意する。ソフトウェア開発プロジェクトを監査し、保証する。

カルダノコミュニティマネジメントと教育を通し、信頼と透明性の構築をはかる。役割にはコミュニティハブの作成が含まれ、信頼できるタイムリーなテクノロジー情報を提供し、幅広い可能性に貢献する。

エンタープライズ・パートナーシップと商業的提携 – カルダノのエコシステムの恩恵を受けるための提携とビジネス・パートナーシップの作成と発展。

形状法と商業標準 – 一般的にカルダノプロトコルとブロックチェーン技術の標準を定義し、設定する。

カルダノプロトコル情報の主な資料、コード、文書、教育資料など、最重要な情報の明確な保管手段を確立する。

カルダノ財団は、カルダノのトレードマークのポリシーや、グローバルなブロックチェーンコミュニティへの教育の提供などの活動にも携わっています。

アンソニーは、このコメントを提供することによって、Japan Blockchain Conferenceで彼の時間を要約しました:

「東京で今日何千人もの人々が関わっているのはすばらしいことでした。 日本は私たちの最も重要なマーケットのひとつなので、そのようなサポートは歓迎です。そのために、私たちはカルダノのポテンシャルを引き出すために努力します。」

IOHKのCEOであるチャールズホスキンソン氏もこのカンファレンスでパネルディスカッションに参加しました。

あなたがコンファレンスに出席した場合、以下にコメントしてください!:arrow_down: