チャールズ動画要約:ワシントンから、規制についての考え🎉

チャールズ動画要約:ワシントンから、規制についての考え🎉

:white_check_mark: ワシントンDC戻りました、多くの議員と話し、アメリカのブロックチェーンの規制が2023年に向けてどのようになっていくかをお話ししていきます。

:white_check_mark: バイデン大統領の先月のレポートに見られるようにここには多くの関心があり、特に証券かそうでないかが論点です。エジンバラのラボを11月18日に設立し分散化計測の指数を研究します。

:white_check_mark: 取引所の開示レベルや必要書類も考える必要があります、日本の規制機関には数年かけて合計9000ページ以上にわたるドキュメントを提出しました。取引所の中で暗号資産がどうなっているのか、ブロックチェーンは透明性のテクノロジーであり、もっと工夫ができます。

:white_check_mark: 未来の国家のセキュリティの強化も考えられます。

:white_check_mark: 環境負荷の文脈でも、有用なPOWや他のコンセンサスの仕組みが注目されます。

:white_check_mark: 多くの議論がありますが規制は不明確さを減らしていくでしょう。多くの人々と働けてとても嬉しいです。

:white_check_mark: Cardanoや暗号資産ブロックチェーンが世界の金融システムになり、銀行を持たない人々へ経済的アイデンティティをもたらすことが私の人生の大きな情熱です。そのためには適切な規制が必要です。

:white_check_mark: スイス大使館で中国銀行がデジタル人民元のプレゼンをしましたが、非常に洗練されスケーラブルなものが開発されています。多くの人々が少数の人々に管理されることになる可能性がありますが、しかし素晴らしいテクノロジーです。私たちはアフリカでも多くの国と進めています。