「インプット・エンドーサー」と「シャーディング」を比較する

L1におけるスケーラビリティソリューションとして、カルダノは現在「インプット・エンドーサー」の実装に向けて開発を進めています。

しかし、もともとL1のスケーラビリティでは「シャーディング」がよく知られていました。なぜ、カルダノはシャーディングとは別に「インプット・エンドーサー」の理論に至ったのでしょうか?
そこには、シャーディングのデメリットを解決し、より効率的なL1のコンセンサスの必要性が隠されていました。

この比較がよく解説された「Cardanians_io」による比較記事を、日本語訳でお届けします!

↓インプット・エンドーサーとシャーディングを比較する

オリジナル記事はこちら
https://cexplorer.io/article/comparing-input-endorsers-with-sharding

1 Like