カルダノ財団ブログ:諮問委員会はそのエコシステムの代表で増強


#1

2018年12月14日ツーク - カルダノ財団は本日の会議で、カルダノエコシステムから3人の実績ある専門家を迎え、財団諮問委員会の強化を図ることを決定しました。

カルダノ財団諮問委員会に新しく選出されたメンバーは以下の通りです。

IOHK の法務顧問、ネイサン・カイザー氏
Emurgo CIO 、マンミート・シン氏
Du Lac Capital Ltd のマネージングパートナー、ドミノ・ブルキ氏。

ネイサン・カイザーはカルダノ財団諮問委員会の議長に選出されました。 彼はマイケル・パーソンズ氏の辞任後に暫定議長を務めたパスカル・シュミット氏の後任となります。 パスカル・シュミットは、引き続き財団諮問委員会のメンバーを務めます。

パスカル・シュミット:「このような短期間で3人の実績ある専門家を諮問委員会に迎えることができたことを嬉しく思います。 これは、カルダノ財団が堅実な基盤を取り戻し、財団の目的であるフレームワーク内の今後の課題に全力を尽くすことができることを意味しています。」

ネイサン・カイザー:「カルダノ財団にとって極めて重大なこの時期に、パスカル・シュミットが成し遂げた偉業とその尽力に心より感謝します。 パスカルの知識と、さらに3人の財団諮問委員会メンバーのスキルが互いに補完し合うことで素晴らしいチームを形成しています。」

ネイサン・カイザー (Nathan Kaiser) はチャールズ・ホスキンソン氏とジェレミー・ウッド氏によって設立されたテクノロジー企業、IOHKの法務顧問です。 ネイサンはグレーターチャイナ(大中国圏)において18年以上、弁護士としての専門的経験を積んできました。 スイス生まれの彼は、チューリッヒ、ベルリン、香港、台北の法曹界にて、公認の弁護士および外国弁護士の資格を有しています。

マンミート・シン (Manmeet Singh) は2017年に日本で設立されたEmurgoのCIOです。 Emurgoは、商業的事業を開発、サポート、および具体化するとともに、カルダノの分散型ブロックチェーンエコシステムへこれらの事業を統合する支援を担っています。 2001年以来、マンミート・シンは、銀行業、投資顧問業、教育業、貿易および技術など各産業で、ゼロからビジネスを構築してきました。

ドミノ・ブルキ (Domino Burki) は銀行業界とコンプライアンスの分野で15年以上の経験を持つ弁護士で、スイスを拠点とするアセットマネージャーおよびマルチファミリーオフィスである、DuLac Capital Ltd.のマネージングパートナー兼オペレーションマネージャーに就いています。2015年以来、デジタル変換を専門とする国際的な投資およびコンサルティング会社であるxUpery Ltdの共同設立者です。