チャールズ動画” #Ukraina ”ざっくり翻訳🇺🇦

チャールズ動画” #Ukraina ”ざっくり翻訳🇺🇦

皆さんこんにちはコロラド州から放送しているチャールズ・ホスキンソンです ウクライナについてのビデオを作りたいと思います 多くの方がご存知のように input output はグローバル企業です 世界中に50カ国以上の社員がいます その中で社員と契約社員の密度がかなり高い国の一つがウクライナです 約15カ国です 私たちは2016年からそこに長く根を張っています 私たちはチーム・ベリタスというチームを持っています ほとんどが暗号解読者です そして今私たちは多くのエンジニアを抱えています ベリタスの場合はロマン・オリニコフが率いるエンジニアと ポートフォリオの様々な製品に取り組むエンジニアです 実際ウクライナ人の一部はPlutusの開発を担当し 彼らはそのコアチームの一員です 私は何度もウクライナへ行っています 例えば、何年か前にパベルと彼の妻リリアがオデッサで主催したビットコインが信じられないようなパーティーに行ったことを思い出します。戦争とは外交の失敗であり、究極的には互いへの愛と思いやりの欠如なのです。ウクライナの人々は過去数十年間、ソビエト連邦の残忍な体制から自由を味わい、独立した自由民主国家になるために最善を尽くし、時には成功し、時には失敗もしました 私の国アメリカは200年以上の歴史があります。革命戦争に勝利した後も、次の戦争を探さなければなりませんでした。奴隷制度という屈辱に耐え、今日野蛮と見なされるような制度や慣習に耐えました。内戦後、西側を植民地化している間にも、先住民にひどいことが行われました。より平和な連合になるためには、長い旅に出なければなりませんでした ウクライナには問題があり、独自の道を歩んでいます。しかし、年齢や出身地、当時の指導者の性格を考慮すると、彼らはかなり良い仕事をしていました。今日、ロシアが過去に戻ってウクライナを併合するのは、王や独裁者や皇帝がいた19世紀の別の時代の帝国主義のようなものです。第二次世界大戦後の20世紀は変わりました。私たちは、平和貿易外交によって、銃口の先で達成できないような多くのことを達成できるという約束で、世界秩序に収束しました。ロシアだけでなく中国や他の国からの侵略が続き、最終的に世界は安全でなくなり、権威主義者が率いる強大な国の国境にいる人々は、自分たちの番がいずれやってきて、ロシアがウクライナを維持するかどうか、世界の大国の直接的または間接的な植民地となることを常に麻痺状態にある恐怖の中で生きていくことになるでしょう。もしロシアに制裁を加えても効果がないのであれば、運動作戦戦争以外の手段では、ロシアに強制力を与えることはできないでしょう。私は東欧圏に友人がいて、その下で育った人もいる。彼はソ連邦の市民であり、家族は難民としてウクライナに逃れた。ポーランドなどでは何千人ものディアスポラが存在し、過去の物語を再現しています。これが私たちの業界が支持するものすべてに反しています。

よく、政治に首を突っ込むべきではないと言われますが、私は、私たちの業界としてのあり方の核心は政治的であることを人々に思い出させ続けています。私たちの戦いは、究極的には自由と解放の一つです。人々が自分たちの機関となり、自分たちの銀行になる力を与え、これまで検証できなかったことを検証し、それが何であれ、お互いに、そして私たちが航海するために頼っている機関への信頼と信用を回復した後、どんな社会が存在できるのかと問いかけます。王や独裁者、大統領、指導者がいなくなり、共通の目的に向かって協力する手段と手段を持つ人々が、その行動が今日や明日を越えて長く波及することを理解する知恵を持つ社会が存在できるのだろうか。彼の老後に、今日彼が取っている行動は、今から数十年後に波紋として記憶され、世界秩序をおそらく悪い方向に永久に変えることになるでしょう。権力の座に長くとどまり、監視や説明責任を果たさず、私たち全員に害を及ぼすような形で物事を変え始める強力なリーダーがいなくなるように、制度の再構築も必要です。規則の普遍性 暗号通貨やブロックチェーン技術の可能性に世界が目覚めることを願っています このような出来事が少しでも良い結果をもたらすとすれば、私たちが「これは私たちがしなければならないと気づいた瞬間だ」と言えるようにすることができます。世界秩序は、今日のような技術生活やグローバリズムを管理できる状態にはないことに気づいた瞬間でした。独裁者が単に武力で直接、あるいは選挙によらない巨大な影響力を与える奇妙な多国間協定を通じて間接的にものを取ることを認め、受け入れるか、私たちの生活を取り戻し、単に技術の採用によってそれを行うか、どちらかでしょう。自由という言葉をアメリカではよく使いますが、それは私たちがどこから来たかということだからです。私たちは時々、それを守るために先人たちがどれほど苦労して戦ってきたかを忘れ、自由が本当に意味することを忘れてしまいます。自由は安全だという意味ではありません 自由はゆりかごから墓場まで面倒を見るという意味ではありません 自由は、自分で選んだ道に従って夢を実現する能力があることです そしてそれが得られる場合もあればそうならない場合もあります しかしあなたは 成功する自由だけでなく 失敗する自由も認められています これはアメリカ式の核心です 少なくとも私たちが売られたラベルには このような属性を持たせれば 社会を十分に信頼でき 自己責任という大きな責任を果たせます。 この2年間は特に、多くの人が貧困に陥り、政府も信頼を失いました。 しかし、一つはっきりしているのは、多くの人がお互いに希望を見出し、コミュニティの信頼と愛を再認識し、今までとは違うやり方をしなければならないと認めることができるようになったということです。そのために必要なのは、私たちが産業として構築する技術だけなのです。

なぜ私たちはここにいるのでしょう 何のために 私たちはどんな世界に住みたいのでしょう 朝の1時にツイッターで航空機が行ったことのある場所を 爆撃する動画を見るような世界に住みたいのでしょうか。本当に知らないのに友達が大丈夫だよとなぐさめる世界に住みたいのでしょうか 何か言われてもそれが本当かどうかわからないし 何もかも不透明な世界に住みたいのでしょうか?それとも、平和と愛と優しさと共感のある世界に住みたいですか?

後者を望むなら、タダでは手に入らないのです。この技術がどのように機能するかを示すこと 貢献すること 作ること 全てはまだ大変です 私たちは単に製品を作ろうとしているのではなく 別の方法で社会を作り直そうとしているのです 。説明書はありませんし 魔法の光のスイッチもありません ここから先は毎日が闘いです 私たちが勝ち始めると それを止めようとする人たちが増えてきます 特に地位のある人たちはそうです そのため、ウクライナの教訓は、もし私たちがそれを受け入れることを選択するならば、私たちは社会としてより良くすることができ、より良くすることができる唯一の方法は、私たちの考え方や行動、お互いを扱う方法、制度を構築する方法を変えることであると言えます。この10年以上、それ以前から何十年にもわたって、自由と解放の哲学と手段を構築してきました。残念ながら、ヨーロッパとアメリカの指導者たちは、それをあまり気にしていないようです。彼らは、お金を止めれば問題が解決すると思っているのでしょう。だから、別の方法を見つけなければなりません。

1 Like