Cardanoコミュニティニュースレター・2020年7月8日

Welcome to the Cardano Community Newsletter!

このニュースレターは、Cardanoコミュニティチームによって2週間ごとに公開され、皆さんにプロジェクトについてのニュースやアップデート、イベントをお知らせします!ですが、ニュースレターはしばらくの間
保留となりますのでご了承ください。 今回のニュースレターは、しばらくの間最後の出版となります。 Twitter, LinkedIn, Facebookなどのソーシャルメディアネットワークで最新情報を入手できます。 今後数週間にわたって、重要なお知らせをメールでお送りしますので、しばらくお待ちください。

Cardanoニュースレターの購読を中止したい場合は、この電子メールの下部の「リストから退会する」をクリックしてください。

Cardano Virtual Summit 2020:Shelleyエディションのまとめ

Cardanoバーチャルサミット:Shelleyエディションには、10,000人を超える参加者が集まりました。決して小さな達成ではありません。サミットでは2020年7月2日と同3日を通して70のパネルとディスカッションが開かれ、各セッションではこれまで聞いたことのないようなニュースや貴重な情報、限定的な情報が提供されました。2020年のサミットに参加してくださったすべての皆さんには、継続的なご支援と私たちのミッションへの信頼をお寄せいただいていることに感謝を申し上げます。私たちは今、認識の転換期にあります。ブロックチェーンが、少数の人々にとって、そして多数の人々にとってどうすればより良い可能性を実現できるのか、ということです。これは、ブロックチェーンテクノロジーの歴史において重要な分岐点です。

サミットでは、「インターネットの父」の1人であるVinton Gray Cerf、著名な作家で数学者でもあるStephen Wolframなどの知名度の高いスピーカー、IOHKのCEOであるチャールズ・ホスキンソン、IOHKの主任科学者Aggelos Kiayias、Coinbaseの代表者など、多数の皆さんに語っていただきました。様々な講演や更新情報は、今後数週間のうちに私たちのソーシャルチャネルとYouTubeチャンネルに投稿し、皆さんにご覧いただけるようにします。

どうぞご期待ください!

登録、もしくは会員ログインして、各イベントを確認する

Cardanoバーチャルサミットの開始基調ビデオ+まとめ

Cardanoバーチャルサミットのクロージング基調ビデオ+まとめ

Cardano財団、新しいCardano Webサイトをリリース

Cardano財団は、新しいCardano Webサイトの立ち上げをお知らせできることを嬉しく思います。新サイトは2020年7月1日に公開されました。新しくなったCardano.orgは、Project Renovare(レノヴァーレ企画)の成果の1つであり、今年後半のスマートコントラクト展開に先立ち実施されたCardano財団が主導するブランド再評価の取り組みです。

新Cardano.orgウェブサイトへ

Cardano.orgの詳細はこちらをご覧ください

新しいCardanoのWebサイトとブランドアイデンティティ、そしてCardano仮想サミットが立ち上がる中、Shelleyの開始はCardanoの未来に新たな光を投げかけています。また、これによって、急速に成長するエコシステムに適合するドキュメントフレームワークの必要性も強調されています。

"A source of all Cardano truth."

(Cardanoすべての真実の源となる)

すべての真実の源に関するIOHKのブログを読む(日本語)

ゲストブログ:Cardanoのブランド再評価のすべて - Project Renovare

昨年12月、Cardano財団は、CardanoとCardano財団に対するブランド戦略とデザインを担当する代理店としてMcCann Dublinを任命しました。Project Renovareは、Cardano財団が主導するブランド再評価プロジェクトで、Cardanoの採用を促進し、プロトコルの将来性を保証して、ブロックチェーンソリューションの需要が高まる中で価値を提供することを目的としています。

先週、McCann Dublinはその話の様相を共有し、Project Renovare全体でCardanoのブランドを再評価するまでの道のりについて文書にしました。このゲストブログでは、McCann Dublinが遭遇した課題と、Cardanoのブランドを刷新して世界を改善するための触媒として位置付けるために取られたアプローチについて概説しています。

McCann Dublinのブログをこちらで読む

Cardano財団、マーケティングの取り組み強化のためにMaryam Mahjoubを任命

Cardano財団は、財団のマーケティングとコミュニケーションに関する統合戦略に従い、Maryam Mahjoubを新しいマーケティングマネージャーとして即日付けで任命し、統合されたグローバルPR、コミュニケーション・マーケティング機能を拡大しました。最新の人材の追加は、財団の世界的な成長計画に対応するもので、Cardanoの管理権の譲渡に先立って2020年にはさらに多くの重要なポジションを埋めていきます。

Maryamについてもっと読む

IOHKブログ:「IOHKの研究で成長を反復する」と「Ouroboros分散化への道のり」

Cardanoの成長と継続的な分散化の鍵は、将来の柔軟性を確保しつつ、確かなパラメータ値を設定することです。コミュニティと相談し、私の同僚であるKevin HammondとAlex Appledoornと共に緊密に連携した後、私たちは出発点として最適な場所を特定できたと信じています。

パラメーターに関するLarsのブログ全体を読む(日本語)

分散型元帳の設計と展開は、技術的に困難な作業です。元帳に期待されることは、すべての参加者に一貫したビューを約束することと、彼らの行動が生み出すイベントの連続的なフローに対して応答性を保証することです。これら2つのプロパティは、永続性と活性と呼ばれる場合もあり、分散元帳システムの特徴です。

Ouroborosと分散化に関するAggelos Kiayiasのブログ全体を読む(日本語)

EMURGOブログ:オンライン旅行代理店Travala.comと提携して、Cardanoのada採用を促進する

EMURGOは、最近、オンライン旅行代理店(OTA)/Travala.comとの提携を発表しました。OTAはブロックチェーンベースの旅行予約プラットフォームとして世界をリードする存在で、世界中のお客様から信頼されています。この提携により、旅行者はCardanoのネイティブ暗号通貨adaを使用して、Travala.comのオンラインプラットフォームで世界中のホテルや旅行施設を簡単に予約することができます。EMURGOの公式トラベルパートナーとして、Cardano・adaのユーザーは、7月31日までにadaで行われたすべてのホテル予約に対して10%のキャッシュバックを受け取ります。

提携をチェック

EMURGOブログ:EMURGO、Trace Allianceに参加して企業向けにカスタマイズされたサプライチェーンソリューションを提供

EMURGOはTrace Allianceへの加入を正式に発表しました。このアライアンスは技術ソリューションのプロバイダーや企業、新興企業、学界とサプライチェーンの専門家とを接続する共同組合で、ブロックチェーンソリューションの開発とサプライチェーンの垂直部門との統合を促進します

最新情報をもっと読む

Cardanoコミュニティー・ミートアップ

Cardanoミートアップ

次に予定されているCardanoミトアップのお申込みはここ:

現在では、新型コロナウィルスに伴って、オフライミートアップは世界中にほぼ行われていないません。ご理解くださいます様、よろしくお願い致します。

そのため、オンラインでもミートアップが開催できる様に、次のフォーラム投稿でコミュニティからいただいたフィードバックを利用しながら、アイディアやおすすめのアプリをこちらで記事にまとめました。オンラインミートアップは最近上手く行われていて、是非、ご検討の上、そしてご参考までにしてみて下さい。

2020年7月29日 Cardano Staking Delegation – All You Need To Know Online, USA by Matthew Consolo and Hassan Michael

2020年7月28日 Cardano Blockchain - DC Meetup, Washington DC, USA Isaac and Dave Dio

全てのCardanoミートアップグループをここから確認

OR

ミートアップグループを設立したい、興味のある方々はここからをご確認ください

>>!ご注意ください!<<

偽アプリ、偽代表者や悪質な勧誘グループ に要注意!
私たちCardanoエコシステムのスタッフは、誰であれ、Adaやその他の資産を私たちに送る要求は一切なく、また、あなたのパスワードやパスフレーズを要求することも
ありません!

公式のパートナーシップやアフィリエイトは、第三者ではなく、常に公式チャンネルを通じて発表されます。 送金する前には、用心を持ち、しっかりと自分自身で正確性をお調べください。こちらから 「オンラインで安全にご使用いただくために」 そして、「ADA紛失の防止策」をもっと読む。

3 Likes