Cardano Africaスペシャル-チャールズ動画等について要点4つまとめ🔥[動画追加]

①エチオピア政府と提供するCardano教育ソリューション分散型ID-学校3500校/生徒500万人/教師75万人に適用

エチオピア政府との取引より #Cardano ブロックチェーンを鍵(ID)管理システムとして利用しその上に構築される #AtalaPRISM (最先端のレイヤー2テクノロジーを使用しパブリック(Cardano)ブロックチェーンの料金を削減するための新しいバッチ処理メカニズムを実装し、安価にCardanoチェーンを利用可能)が学校3500校/生徒500万人/教師75万人に適用、公平公正な教育機会を(学生IDより第三者なしで不正なく就活可能に)!

②タンザニアで半額料金2倍スピードネットサービスで、まだネット利用できてないアフリカ人7億人のネット接続を可能にする WorldMobileと提携。ADA払いも可能に!

2022年第1四半期までに数千人のクライアントを獲得目標!Input Outputは現在WorldMobile Groupの10%の株式を所有。

③教育だけにこれがとどまらずあらゆる業種へ拡張…そして、エチオピアだけにとどまらずアフリカ全土へ拡張…2021年に5カ国へ、2022年までに20ヶ国へ!

・Atalaはエチオピアの国家戦略としての新国民ID基準に準拠した初のID発行システムになります。さらに、小規模農産物追跡から交通やヘルスケアのデジタルIDまで拡張…数百万のユーザーを対象とした他の2つのデジタルID発行も進行してます。発表はこれだけではなく、2-3年で全アフリカを視野に。やがて数千万人、そして最終的には全員へ…Cardanoだけでなく業界全体へのゲートウェイです。いつの日か、これらの認証情報は、財務履歴、評判、決済システム、有権者登録を表すように進化し、若者は自分の運命を掴み富を築き…結果、次の100年で、アフリカ大陸は人類で最も裕福な国の一つになるでしょう。中央集権方金融より分散型金融のほうが効率的で利用可能な場合、そちらへの移行が始まります。それが実需になります。

④さらにアフリカだけでなくアメリカなど全世界へ拡張…

・Cardano分散型IDは、お互いにコミュニケーションをとり、お互いに取引をし、お互いに理解を深め、最終的には権力や資源の配分にお互いに同意するという、これまでとは異なる方法であり、人々を生活を変えます。まずはアフリカから、そしてアメリカまで。

・アメリカにはCardanoが必要です。政府は大多数ではなく少数の特別な利害関係者だけを気にかけており、貧困率は4年間一貫し上昇、識字率は低下、ドルの価値も政府が主張する以上に下がりはじめています。これは政治では変えることはできず、経済システムでしか変えることはできません。ソビエトやその他歴史が示すようにアメリカを変えるのは政治ではなく経済システムです。

それでもなお叩く人々がいることについてチャールズさん…

好き放題書いているメディアもいますが、ブロックチェーン最大の取引であるのが事実です。
エチオピアの500万人の人々にCardanoブロックチェーンサービスが提供されることはCardanoだけでなく業界全体にとって良いニュースであることはCardanoを好きな人であろうが嫌いな人であろうが、それが事実です。

出典:

Coffeeプールさん「Birds-エチオピア発表」チャールズ・ホスキンソン超訳!
https://www.coffeepool-staking.com/2021/04/28/ethiopia/

アフリカスペシャル

アフリカスペシャル翻訳①

アフリカスペシャル翻訳②

(アタラプリズム編)アフリカスペシャルを動画翻訳

アフリカスペシャル(エチオピア大臣編)を翻訳しました。

アフリカスペシャル(チャールズ編)の動画翻訳しました^_^👍

チャールズアフリカスペシャル復習

エチオピア500万人学生IDプロジェクト

ジョンオコナーさん